顧問弁護士は法律に詳しい

顧問弁護士を企業で雇用することで、様々な法律に対してのアドバイスを問題が起こった場合にしてくれます。
雇用料金は月額または年額で決まっていますので、相談は何度でも受け付けます。また会社経営に関しての疑問点や、社員たちに関する悩みなども受けてくれます。
気になることはどのようなことでも会社関係に関することでしたら話を聞きます。また、顧問弁護士の仕事は、さまざまありますがその中でも契約書などの作成も行います。例えば顧問会社が他の会社と取引をする場合に作られる契約書類を作成します。そして契約書が会社側に不利なことはないかなどのチェックをしっかりしてくれます。

顧問弁護士が書類の細かなところまでチェックすることで、未然にトラブルを防ぐことができますので取引がスムーズに行われます。トラブルには様々な種類がありますが、特に法的なトラブルが起こってしまった場合は、弁護士がいるといないとでは解決までの経緯が大変違うものになります。

例えばその仕事内容では、取引先が売掛金というものを支払わないことが多くあります。このときに会社がその金額を回収したいと考えたとき弁護士がその内相証明書を作成して会社に変わり支払い請求をしますし、裁判を起こしたとしても債権の回収を行います。また、自社の中で社員たちとのトラブルが起こった場合でも、会社の代理人となり、社員と間にはいり問題を修復します。

社員とのトラブルでは特に会社側と社員側の意見の相違が激しいものになりますので、第三者が関与することで問題が解決されることが多くなります。様々な仕事内容をこなしていく顧問弁護士は、会社側にとっても社員たちにも中立な立場で判断し、解決に進んでいきます。

参考資料 http://www.adire.biz/counsel-lp/
取引先や従業員とのトラブルを未然に防ぐ、顧問弁護士サービス<アディーレ プラス>